オーストラリアでF1を観戦しよう【魅力を徹底リサーチ】

MENU

現地で困らない準備を

フォーミュラカー

F1開幕戦の地であるオーストラリアGPを観戦される方は、観戦チケットの入手時期をしっかりと確認しましょう。また、食品の持ち込みは原則禁止、夏服と秋服を持参することも忘れてはいけません。大満足の観戦とするために、しっかりと準備をし日本を出発したいものです。

詳しく見る

メルボルンへ計画的に出発

レース会場

市街地サーキットのアルバート・パーク・サーキットで開催されるのが、F1の開幕戦オーストラリアGPです。多くのドラマが生まれる戦いを現地で観戦される方は、日程を頭に入れておきましょう。F1観戦も観光も楽しむためには、時間に余裕を持つことが重要です。

詳しく見る

会場への行き方を知る

パスポート

F1レースの開幕戦が行われるオーストラリアでは、食品の持ち込みが厳しく制限されています。未開封のものであれば事前に申告をすれば問題なく通過できますので確認しておきましょう。レースが行われる都市メルボルンではレース期間中は市内を循環するバスが無料で走っていますので、観光でも利用すると便利です。

詳しく見る

思う存分満喫できる

フラッグ

オーストラリアにF1を見に行きたい、でも高くて自分には無理だと思っていた人も旅行会社を利用する事で夢を叶える事ができます。様々な事が全てセットになっているので、手配をする心配なくF1を思い切り楽しめます。

詳しく見る

憧れの場所に行くには

フォーミュラカー

オーストラリアにF1を見に行きたい、でも自分には高くてとても無理という人のために旅行会社がお得なツアーを提供しています。英語が話せないという人のために日本語ができるガイドも現地にいるので、迷わず会場までたどり着く事ができます。

詳しく見る

開幕戦の公園サーキット

F1

渋滞の心配なく移動が可能

2017年には30万人の観客を集めたのが、F1オーストラリアGP。毎年開幕戦として開催されており、オーストラリアだけではなく世界各国から観客が集まります。シーズンを占う1戦を観戦するために、ツアーに参加し現地で生のバトルを楽しまれる方も多いことでしょう。オーストラリアGPの開催地は、市街地サーキットのアルバート・パーク・サーキット。普段は公園として利用されているアルバート・パークの周遊道路がサーキットとなるため、1つのミスが大きな事故につながりやすいのが特徴です。ここ数年は連覇したドライバーがおらず、結果を予想できないのも他のGPにはない魅力です。通常のF1のレース期間は、サーキット周辺が大混雑に見舞われます。そのため、ホテルからサーキットまでの移動に苦労しますが、オーストラリアGPは移動がしやすいのが嬉しいポイント。無料の路面電車で移動できるため、渋滞に巻き込まれることなくサーキットに到着できます。ツアーによっては、日本語に対応した現地係員が移動に同行します。言葉に不安を感じている方も、ツアーであれば安心です。また、移動しやすいことは、メルボルン市街地の観光に当てる時間が多くなることを意味します。F1だけではなく、観光も思う存分楽しめるのは非常に嬉しい限りです。治安が安定している、最高気温が20度から25度の過ごしやすい天候も魅力。初めて海外のサーキットでF1を観戦する方に最適なGPが、オーストラリアGPです。最近では、観戦ツアーも多数登場しているので、海外観戦が初めてというひとでも安心して旅をすることができます。また、海外旅行に慣れている人であれば、格安航空券を利用して旅費を押えることも可能となっています。