化粧品で見違えるアトピーの肌|ランキングが参考になるのでチェック

婦人

シミを隠せる人気の化粧品

目元を触る中年女性

シミの防止は紫外線対策

今は色々な化粧品があって、それぞれの症状に合ったケアができるようになっています。特に顔にシミができると老けた印象が強くなりますが、今はシミ隠しのコンシーラーがあるので誰でも手軽にケアができます。ケアはあくまでケアでしかないので、理想的にはシミができないようにしたいものです。シミができる最大の原因は紫外線です。紫外線を浴びると肌にメラニン色素ができてしまうのです。たくさんメラニン色素ができると、肌のターンオーバーでは処理しきれずに残ったメラニン色素がシミとして残ってしまうわけです。将来のシミ対策のためにも若い頃から紫外線を浴びないように注意する必要があります。またストレスや睡眠不足やホルモンバランスの乱れもシミの原因になるので、規則正しい生活習慣を身につけることも大事になります。

コンシーラーの選び方

できてしまったシミについてはメイクによってシミ隠しをすることになります。今はコンシーラーという便利な化粧品があるので、シミ隠しも手軽にできるようになっています。気をつけたいのはファンデーションで隠そうとする場合です。夏場は厚塗りになってしまうので肌が脂ぎってしまいます。コンシーラーならシミの部分だけに塗れば上手に隠すことができます。ただしコンシーラーでシミ隠しをする場合は、症状によって使い分けに気をつける必要があります。通常のシミの場合はペンシルタイプのものを使って、自分の肌よりも多少暗い色を選びます。大きめのシミ隠しにはクリームタイプを使います。またコンシーラーの使い方には順番があって、パウダーファンデーションの場合は直前に塗ります。リキッドやクリームの場合は直後に塗ります。