オーストラリアでF1を観戦しよう【魅力を徹底リサーチ】

MENU

メルボルンへ計画的に出発

レース会場

木曜日は観光を楽しめる

2018年シーズンのF1開幕が差し迫っています。開幕の地は、オーストラリアのメルボルン。普段は公園として利用されているアルバート・パークが、市街地サーキットに変貌します。毎年波乱のドラマが生まれるF1オーストラリアGPを、現地で楽しむ方も多いことでしょう。日程をしっかりと把握し、時間に追われないF1観戦としましょう。2018年シーズンのF1オーストラリアGPは、3月23日から25日に開催されます。日本から観戦する場合には、水曜日の21日に成田空港や羽田空港、名古屋空港などから出国します。通常は香港経由での航路となるため、21日は機中泊となります。約10時間の空の旅を終えると、そこは南半球のオーストラリア。22日の早朝に到着するため、その日はメルボルン観光を楽しめます。ただし、観戦チケットによっては、サーキットで開催されるイベントに参加できます。23日から始まるF1観戦は、無料のトラムを利用しサーキットに赴くことから始まります。ツアーに参加していても、トラムの利用が一般的です。ツアーによっては現地係員が同行するため、混雑を避けながらサーキットに到着できます。しかも、23日・24日・25日と異なる観戦スタンドを手配してくれるツアー会社もあり、毎日違う角度でF1の迫力を楽しめるのは嬉しい限りです。F1決勝が行われた翌日の26日に、日本への帰途につきます。しかし、観光オプションを利用し、そのままオーストラリアに滞在も可能です。どのような観光プランを描くのかは、ご自身次第。せっかく日本を飛び出るのですから、思いっきり楽しみたいものです。